19回障成研

7月22日夜、19回障成研を実施しました。
福岡市基幹相談支援センターから相談員の松野浩二氏をお迎えして、
基幹相談支援センターの役割や現状を伺いました。
また27年2月に設置された相談支援部会で論議された内容などについて
活発に意見交換しました。
松野さん、お忙しい中、本当に有難うございました。

IMG_1013

IMG_1012

IMG_1010

大学生に障がい者の職場を訪問していただくツアー

大学生の皆さんに障がいのある人の職場を訪問していただき、障がいのことに正しい興味や関心を持っていただくための企画です。 ・2015年9月8日9:30西南学院大学集合 ・4つの職場を訪問 ・ランチは障害のある人たちが働くカフェでいただきます。 西南学院大学ボランティアセンターとの共催です。 興味がある方はご連絡ください。yoriyoikurasi@gmail.com 関心が高ければ、継続して実施を検討していきます。 職場ツアーチラシ

「障がい者の成年後見を考える」講演会・シンポジウムのお知らせ

親亡き後の数十年にも及ぶ障害のある人の、暮らしを、命を、尊厳を、どう守るのか?
親が担ってきた役割を、誰に、どのように引き継いでいくのか?
高齢になった親にとって、頭の痛い問題です。

成年後見制度は判断能力が不十分な人の権利を守るための制度です。

この制度をもっと知り、障がい者にあった成年後見について考えます。

当会では、昨年10月の成年後見講演会を起点として、毎月1回、研究会を開いてきました。
弁護士・司法書士・社会福祉士・専門学校教員・事業所職員・親の会代表等で、障害者のための声援後見のあり方を討議してきました。
その成果をこの講演会・シンポジウムに反映できるよう、準備を進めています。

ご参加をお待ちしております。

日時:平成26年10月25日(土)
会場:福岡市市民福祉プラザ1階 ふくふくプラザ大ホール
定員:240名
参加費:1000円
基調講演:60分で完全マスター 成年後見制度!
講師:福祉の弁護士 篠木 潔 氏
シンポジウム:市丸健太郎弁護士(コーディネーター)
向井 公 太氏(社会福祉法人福岡市手をつなぐ育成会理事長)
篠木 潔 氏
河賀 裕子 氏(司法書士)
小池 紀徹 氏(社会福祉法人福岡市社会福祉協議会あんしん生活支援センター)

10_25成年後見チラシ表  10_25チラシ裏面

福岡市に差別禁止条例をつくる会HP とりあえず完成!

 

FCネットワーク岡田氏と服部の共同作業・google提供の無料サイトにより、タダでできました(汗)
資金ができ、本格的なサイトができるのを願いつつ、とりあえずここから発信していきます。
よろしくお願いいたします。
https://sites.google.com/site/fukuokasabetu/home

「プチ旅行を楽しもう!」報告集ができました

報告集表紙25年度WAM助成事業「プチ旅行を楽しもう!」報告集を、参加者と当会会員の皆様に発送を終え、ホッとしています。

この報告集をご希望の方はお知らせください。郵送いたします。