重症心身障害研究会

ネットで偶然発見し、参加してきました。
  • 平成25年3月2日 第35回九州地区重症心身障害研究会 ( 会場 九大百年講堂 )
  • 主催 独立行政法人国立病院機構 福岡病院( 旧 南福岡病院 )
           同  大牟田病院
        高邦福祉会柳川療育センター ( 持ち回りで今年は上の3病院が担当 )
  • 医療・看護・介護・療育・摂食・家族支援・生活支援・福祉制度・リハビリ・ボランティア・ 医療安全・設備管理などの各分野から90例の研究発表
  • 発表時間6分、 討論時間3分
  • 特別講演 宮野前 健 先生( 独法 国立病院機構 南京都病院 院長  )

90もの発表から聞きたいテーマを探し、各ホールをサーフィンのように泳ぎ回ってやっと15テーマを聞けました。

はぁ~ こんな研究会が35年も続いていたのですね。
もちろん現場で働く人たちには情報が行き届いているのでしょうが、親同士で話題になることも一度もなかったから知らなかった・・・

参加して一番の収穫は、重身さんたちに関わる医療・看護・生活などの関係機関が一堂に会し、議論する場があるということを知ったこと。
今後の活動に活かします!


 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

トラックバックURL:
http://oyanonegai.yoriyoikurasi.net/2013/03/03/%e9%87%8d%e7%97%87%e5%bf%83%e8%ba%ab%e9%9a%9c%e5%ae%b3%e7%a0%94%e7%a9%b6%e4%bc%9a/trackback/