西日本新聞記事より

1月10日付同紙朝刊の1面に大きく掲載されました。
記事によると
福岡県はようやく重い腰を上げた。
県は初の実態調査を行い、県内の重症障害者は約3,000人、そのうち在宅2,000人。
今後「家族のためのケア(レスパイト)」に力を入れる。
「同県は『受け皿となる病院や施設側の実態も細かく把握し、戦略を練る』(幹部)と意気込む」
とあります。

今後の展開を注目していきたいです。

 写真をクリックするとおおきくなります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

トラックバックURL:
http://oyanonegai.yoriyoikurasi.net/2013/01/13/%e8%a5%bf%e6%97%a5%e6%9c%ac%e6%96%b0%e8%81%9e%e8%a8%98%e4%ba%8b%e3%82%88%e3%82%8a/trackback/