県肢連学習会 意義深い集会でした

10月26日 博多障がい者フレンドホーム研修室において、県肢連主催
「重度・重複障がい者の生活を知ろう!関係者のネットワークを作ろう!」
を行いました。
60名を超える参加者のもと、
まず、中川雅順(まさのぶ)会長がご挨拶と県肢連の紹介をしました。
次に末松忠弘副会長(社福 明日へ向かって管理者)より、重度・重複障がい者を取り巻く環境と制度の変遷、
その後、当会と、南特別支援学校PTAの代表から、また他の5人の保護者から、家族の想いや現状を報告しました。 
そして次に、ワークショップたんぽぽ(博多区)、福祉作業所otto(博多区)、福祉サービス事業所ゆい(西区)、工房まる(南区)、博多障がい者フレンドホーム(博多区)、ワークショップたちばな(東区)の事業者の方々から、運営の状況や問題点・課題などが述べられました。
出された意見から、重い障害者が地域生活を送っていくために必要な課題の整理を行い、 参加者で問題を共有できたと感じました。
最後に県肢連の紹介と案内がされて終了しました。

来年春には、医療関係者も巻き込み、また福岡市民間障がい施設協議会との共催においてイベントを行い、さらに歩みを進める予定です。
写真をクリックすると大きくなります。

打ち合わせからのスタートです。
 

 

 

新リーフレット完成を県主催事業で報告しました

10月14日に福岡県主催「ふくおか共助社会づくりフェスタ」がアクロス福岡を会場に開催されました。
その中のふくおかNPOセンター様による「ふくおかかつぎてけいかく」コーナーで成功事例として新リーフレット完成について報告させていただきました。
このリーフレットはプロの広告代理店の方がボランティアで作ってくださったもので、こんなに素敵なリーフが出来上がりました。
この出会いを作ってくださったふくおかNPOせんたー様とNPO法人十月の森様に心から感謝です。
(写真をクリックすると大きくなります)

発表のときの写真・一番左が服部です

新しい県肢連・動き始めました。

「重度・重複障がい者の生活を知ろう!関係者のネットワークをつくろう!」

というタイトルの学習会をします。
全国的な組織「全国肢体不自由児者父母の会」の福岡県支部である「福岡県肢体不自由児者福祉連合会」がこの春から組織改編し、今まで以上に積極的に活動を進めています。

今回の学習会は、重度・重複障がい児者を取り巻く環境や制度を知り、家族や事業者からの報告、そして地域生活を送るために必要な課題の整理を行います。

どうぞ、障害を持った人たちの地域生活を願う方はどなたでもご参加ください。

日時:2012年10月26日(金)11:00~13:00
会場:博多フレンドホーム研修室(福岡市西月隈5-6-1)※南特別支援学校敷地内にあります。

 

医療研修 写真②

麻痺がある人を車いすからベッドに移乗させる学習です。(写真をクリックすると大きくなります)
タオルを使って二人でする移乗にトライ

人の実習を見て、自分を振り返ります。

合宿医療研修「医療的ケア・身体ケア」  終了しました

当会の初めての取り組みである合宿医療研修は10月6,7日の両日、無事に終了しました。

一日目は福岡市早良区野芥で開業、在宅医療に取り組んでおられるにのさかクリニックの二ノ坂保善先生によるご講演。
この時の写真は、緊張のあまり、すっかり撮るのを忘れてしまっていました(汗)
在宅ホスピスや障害者の在宅医療ケアなどについてお話いただきました。

二日目は理学療法士の中島祐生徳先生、作業療法士の福田善士先生(寺沢病院勤務)から講義を受けました。
理学療法と作業療法の違い、脳性まひについて、座位保持、摂食と4つのテーマについて、実技を交えて6時間、みっちりの講義でした。

看護師さんや福祉事業所に勤務する支援員さんたちが多く参加してくださいました。
日々の業務に、きっと役立てていただけることと思います。

交流会には二ノ坂先生と中島先生も参加してくださって、なごやかながら、日々の業務の問題点なども話し合うことができました。そして生活介護やショートステイのお部屋に布団を敷き合宿に突入しました。
まるで修学旅行の気分でした。

施設をご提供いただいた社会福祉法人 大空さんには、大変お世話になりました。
心のこもった食事を提供してくださった業者の方にもお礼申し上げます。

身体ケア研修スタートです。

セラピーボールを使って坐骨支持ができない人の状態を学習

麻痺がある人を車いすからベッドに移乗する体験。モデルは中島理学療法士。体を張ってモデルを務めてくださいました。