朝日新聞 障害児差別語 コメント

朝日新聞の山下記者からコメントを求められた。
「ガイジ」という言葉が子どもたちの間で広まっていることについて。
人に対してだけでなく、自分を貶めるときにも使うとのこと。 

なんと悲しい響きだろうか。

言葉には「言霊」というものがあると聞く。
人や自分をいやしめる言葉を口にするとき、その人自身も深く傷ついていると思う。 
このことばの他にも、近頃の若い人たちは、いやな言葉をたくさん使う。

どうか、前向きですがすがしい言葉を使うことの豊かさを
大人にも、教育の現場にいる先生方にも、子どもたちに伝えていって欲しいと願っています。 

朝日新聞5月28日朝刊

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

トラックバックURL:
http://oyanonegai.yoriyoikurasi.net/2012/05/29/%e6%9c%9d%e6%97%a5%e6%96%b0%e8%81%9e%e3%80%80%e9%9a%9c%e5%ae%b3%e5%85%90%e5%b7%ae%e5%88%a5%e8%aa%9e%e3%80%80%e3%82%b3%e3%83%a1%e3%83%b3%e3%83%88/trackback/